テント

テンマクの「ビッグルーム」が気になる!ノナドームにそっくり?比較しちゃう!

テントマークデザインの新商品みましたか?
見ていない方は今スグに見たほうがいいですよ!!

クワーク
クワーク
こんにちわ。クワーク(@クワーク永瀬)です。
ビックリしましたよ💦
どのくらいビックリしたかって?
イチローが引退表明した時ぐらい驚きましたよ😂

なぜそんなに驚くのって思うかもしれませんが、またテンマクさんがワクワクするアイテムを出してくれそうなんです!

今回はテンマクさんのビッグルームについてチラッとだけ紹介したいと思います。
なぜチラッとだけなのか?
勿体ぶってないですからね!
理由は後ほど(*^^*)

 

はやく詳細なスペック・ノナドームとの比較が見たい方はコチラからジャンプしてください(^^)

テントマークデザイン「ビッグルーム」とは

早速本題に入ります。
テントの名前がビッグルームです。

 

名前からしてさぞかし大きいだろうな〜
って思いますよね?

 

それではご覧下さい。
これがビッグルームです。

 

 

 

 

下の写真の2枚めですよ〜😆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

テンマクデザインさん(@tentmark2011)がシェアした投稿

どうですか?
これやばくないですか?

テンマクさんはドームテントってあまり出してないんですよ!
そこからのこのドーム!
半端ない💦

テンマクさんが本気出したぞー
これめっちゃ人気出ると思います。
いや、マジで😏

キャンパーが「アレにそっくり」と騒ぐ理由

上のInstagramの写真のコメントにあるコメントが続出しているんです。
それが「アレにしか見えません」。

こぞって皆さん言っていますw
でもアレって何?って思いますよね?

アレって言うのがコレ💡

ヤスさん(@sw____yasss)が比較までしてくれていました💦
さすがインフルエンサー😏

そうなんです。
ヘリノックスのノナドームに激似なんですよ!

ノナドームといえば、人気ブランド「ネイバーフッド」とコラボすることでも有名ですよね!
広くて格好いいんだわ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

a5tommyさん(@a5tommy)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

@akatonbo516がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

@akatonbo516がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

@akatonbo516がシェアした投稿

それにしても似すぎでしょう!?
でも好きですよ😍
内部がどうなっているか楽しみですね。

ビッグルームの気になる価格

お値段気になりますよね?
テンマクさんだからお安くしてくれているでしょう❗️

¥248,000(+税)

oh(´>△<`)…

中々のお値段w

ビッグルームが気になる人はインスタの通知をON

ビッグルームについてはまだ情報が全然公開されていません。
これから色々と情報が発信されると思います。

なので気にある方はテンマクさんのInstagramをフォローして、投稿通知をONにしておくと最新情報が手に入りますよ

 

テンマクさんのインスタに飛んでだら右上の「・・・」を押す

お知らせ管理」を押す

フィード投稿、ストーリーズをONにして、最後左上の完了を押す。
※完了を押すの忘れずに!

まとめ:今後もテンマク「ビッグルーム」の情報に注目

ビッグルーム気になっている人も多いのでは?
ノナドームは定価300,000円はしましたが、ビッグルームは248,000円です。

約50,000円の差

微妙ですね〜

とはいえ、中々手が出せるお値段ではないことは確かです😅

これから目が離せないのは確かです!
発売されたらノナドームと比較してみたい!

「ノナドーム&ネイバーのノナドーム&ビックルーム」
これやったら楽しいでしょ💦
間違いない\(^o^)/

ビッグルームの詳細スペック公開&発売日決定
【〜7/24更新〜

ビッグルームの詳細が分ってきましたね!

ノナドームに似ていると騒いできましたが、確かに姿形は似ています。

でももしかしたらノナよりビッグルームの方が強度が上なのでは?と思ってきました💦

ビッグルームのスペック(ノナドームと比較)

まずは下のスペック表を見てみましょう。

素材
  • フライシートポリエステルオックス210D(PUコーティング/テフロン加工/UVプロテクション加工/撥水加工)
  • スクリーンメッシュポリエステル
  • グランドシートポリエステルオックス210D(撥水加工)
  • メインポールアルミ合金製連結ポール(φ18,5mm×7,512mm)×1セット
  • サイドポールアルミ合金製連結ポール(φ15mm×6,030mm)×4本
  • 連結ポールアルミ合金製連結ポール(φ13mm×2,590mm)×4本
耐水圧1,500mm(フライシート・グランドシート)
サイズ
  • 収納サイズ(約)820×440×400(高)mm
  • 組立サイズ(約)5,000×5,000×2,300(高)mm
重量(約)26,05kg
付属品スチール製ペグ×20本、張り綱(1.5m×4本、2.5m×4本、4m×4本)、収納ケース
原産国中国

 

これだけ見てもよく分からないので、ノナドームと比較しちゃう

ビッグルームノナドーム
素材フライシート210D(デニール)
グランドシート210D
30D
メッシュ部分20D
ポールメインポール:φ18,5mm
サイドポール:φ15mm
連結ポール:φ13mm
メインポール:φ15mm
サイドポール:φ13.55mm
サイズ収納サイズ(約)820×440×400(高)mm
組立サイズ(約)5,000×5,000×2,300(高)mm
組立サイズ
400cm X 400cm X 200cm
重量26kg7.5kg

 

こう見ると重さが全然違いますね💦

サイズはビッグルームの方が少し大きいのに重さが4倍近く重い。

でもポールもノナより太いのと、テントの生地の強度はビッグルームの方が上ですね。

ということはノナよりビッグルームの方が重いけど強度や耐久性が勝っているということになりますね

 

優先度が重量か強度・耐久性かでビッグルーム、ノナドームどちらが良いかを選ぶ基準になりそうですね!

あとは単純にデザインやブランドですよね。

形や色、デザインが好きというのが一番の理由になったりしますからね(^o^)

 

ビッグルームの写真をテンマクさんから拝借させていただきましょう。

やっぱりサンドカラーが良いですね!

生地も厚そうなので冬場も活躍してくれるし、もちろんフルメッシュで夏場も快適!!

気になるビッグルームの発売日

5月のInstagramで発表されて待ちましたよ!

いつかいつかと心待ちにしておりましたw

 

発売日は

7月25日(木)WILD-1リアル店舗にて発売開始

通販ではなく店舗のみです!

 

値段が値段だけに速攻で売り切れることはないと思いますが・・・

そうなんでしょうかね〜

当日の閉店間際に電話して聞いてみようかな!!

追記分まとめ:思ってた以上に素晴らしいテントじゃん!

正直なところ、ノナドームと瓜二つで値段も変わらないことから、ノナドームの方がいいじゃん、と思っていましたが・・・

スペックを比較してみるとビッグルームもいいじゃんと思いましたね!

 

確かに軽いノナドームも最高ですが、ちょっと大きくなって強度も耐久性も勝るビッグルームも素晴らしい😂

 

そしてこのテンマクさんのビッグルームのPR文がそそられる✨

山岳ベースキャンプにも使用可能な耐風性を備え通気性抜群で快適な居住空間のドーム型シェルター。
フレームワークは海外の「エベレスト遠征隊」が実際に使用したもので、信頼のDACが製造しております。テンマクデザインは、国内でこのフレームワークを使用したテントの販売を許可され販売に至りました。現在このフレームワークを使用したテントは2019年6月現在他にありません。

エベレスト遠征から培った細かなノウハウをそのまま活かし、日本の山岳シーンでも絶大な安心感をご提供いたします。

前面開放 メッシュできる入り口は風通しも抜群で日本のオートキャンプシーンでも活躍。
また全面を覆うフロアが標準装備。

あらゆるフィールドで安心をお届けいたします。

 

こりゃ案外人気でレアな幕になるかもしれませんね〜

日本より海外で人気がでそうな予感😁

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA