キャンプスタイル

冬のキャンプの楽しみ方!8つのメリット・3つのデメリットを把握しよう

クワーク
クワーク
ちゃす。冬のキャンプを楽しみたいクワーク(@クワーク永瀬)です。
年子くん
年子くん
ねー。次いつキャンプ行くの??
クワーク
クワーク
ギクッΣ(゚Д゚)
幼児2人を連れて行くの。。。大変なのよね。

はい。年子くんの話は置いといて、今回は冬キャンプについてです。

キャンプって暖かい時期にやるもんだと思っていませんか?
そりゃ寒い時期にやりたくないですもんね(笑)

でも寒い時期だからこその楽しみ方もあるんです。
今回はそんな冬キャンプの楽しみ方をご紹介します。

冬キャンプのメリデメを把握して、夏だけのキャンプから通年楽しめるキャンプにしようじゃないですか!
逆に夏のキャンプより冬のキャンプにハマってしまうかもしれませんよw

冬キャンプのメリット・デメリットを知ろう

まずは初めに冬のキャンプのメリット・デメリットを知ってもらうことが大切です。
把握するより知ろう!

ということでメリットデメリットを以下に書き出しました。
案外デメリットの数が少ないですね〜
でも強烈w

メリット①虫がいない
②キャンプ場が混まない
③汗をかきづらい
④暖かい料理が美味しい
⑤冬のキャンプファッションが楽しめる
⑥星空が綺麗すぎる
⑦雪が降ると子供が喜ぶ
⑧薪ストーブが楽しめる
デメリット①寒い
②荷物が多くなる
③場所によっては行けない

 

上記については詳しく見ていきましょう!

冬のキャンプのメリット

メリットなんて沢山出てきますよ〜
そこで私が厳選したメリットをご紹介します!

クワーク
クワーク
メリットを言いたい〜♪メリットあるある言いたい〜♪早く言いたい〜♪
年子くん
年子くん
早く行ってくれよー(笑)

メリット①:虫がいない

このメリットを魅力と感じる人多いと思います。
虫がいるからキャンプに行きたくないという人いますからね。

冬は気温が下がるので、夏場活発に活動していた虫たちがいなくなります。
もちろん、蜂やブヨなども姿を消すので、快適だし、特に子連れの場合は虫刺されの心配をしなくても良いのでとても安心です。

蚊取り線香をたく必要もないです。
虫がいなければ、夜インナーテントに入らず、テント内でコットで寝れますよね!

虫がいないと本当に快適に過ごせます!
虫いないの最高〜!

メリット②:キャンプ場が混まない

冬になるといっきにキャンプ人口が減るのでキャンプ場が空いています。
寒いとどうしても行きたがないんですよね〜
勿体無いです。。。

いつもは混んでいるキャンプ場がガラガラなんてザラです。
独り占めできちゃいます!

もしかしたらコテージバンガローなんかは混むかもしれませんが、、、正直冬はキャンプ人口が減るので、コテージやバンガローだからといって、そっちに流れるとは思えないですけどね!

メリット③:汗をかきづらい

これはメリットですよ!
夏場はテントやタープの設営をしていると、滝のように汗が吹き出してきます。

汗をかくと、臭いし体はベトベトするし最悪ですよね。
でも冬のキャンプはそんなこと全然ないです。

冬もテントの設営をしていると暑くはなりますが、服を脱げば解決します!
自然が快適な温度にしてくれるわけですよ。

うん。冬キャン最高!!

メリット④:暖かい料理が美味しい

寒いと暖かいものが欲しくなりますよね。
暖かいコーヒーも良いのですが、キャンプと言ったらお外で食べる料理ですよね!

寒い冬だからこそ、キャンプでお鍋やおでん。
寒いからチゲ鍋なんていいですよね!
飲み物は熱燗でしょうかw

寒い冬、キャンプ場、雪、そんな時こそカップラーメンなんてのもいいですね〜
手軽に食べられて、美味しい!

メリット⑤:冬のキャンプファッションが楽しめる

最近はお洒落なキャンパーが増えてきましたね。
夏場はTシャツ、短パンかもしれませんが、冬はガッツリ着込むので、お洒落の幅も広がります。

お気に入りのアイテムを着たいですよね。

  • ニット帽
  • ダウンジャケット
  • フリース
  • スカート
  • パンツ
  • ブーツ
  • 手袋
  • マフラー
  • ブランケット

少し考えただけでこれだけのアイテムが出てくるんですから、こりゃお金掛かっちゃいますね(苦笑)

⁑ ・ ・ 久々夫婦pic✊🏾 ・ あけましておめでとうございます🎊 今年もよろしくお願いいたしまふ☺️💓 ・ ・ 大晦日から二泊三日で毎年恒例の年越しキャンプしてきたよ⛺️ ・ 年々クオリティ上がってきてどんどん楽しくなってくる☺️✊🏾 ・ 長瀞フォレストサンズさんいつもありがとうございます💓 ・ 今年はキャンプもいっぱいやりたいな!旅行も色々行きたいし!もちろん仕事も頑張るぞ✊🏾 ・ ・ キャンプ仲間、旅行仲間募集中😂✊🏾 ・ ・ 今年もみんな仲良く楽しくやってけたらいーなと思ってます! みなさんよろしくね☺️💓 ・ ・ #夫婦 #カップルフォト #カップルコーデ ・ ・ ・ sunglasses⇒ @flex_japan classic Wellington 👉🏾gray cap⇒ @flex_japan corduroy CAP outer⇒#カナダグース#canadagoose inner⇒#gu#ジーユー botoms⇒ #アメリカンイーグル @americaneaglejp shoes⇒ @sorel_jp #ソレル ・ ・ ・ #夫婦コーデ#パパコーデ#ママコーデ#ダウンジャケット#キャンプ#キャンプコーデ#キャップ#チェックシャツ#genic_mag #カップル#ファミリー#嫁#旦那#リンクコーデ#おそろコーデ #おそろ#ハーフ#モデル#メンズファッション#タビジョ

KJさん(@ing_1000)がシェアした投稿 –

メリット⑥:星空が綺麗すぎる

冬は空気が澄んで夜空がとてもキレイに見えるってご存知ですか。
寒くなるほど夜空がキレイです。

寒い夜はシュラフから出るのが億劫なんですが、その億劫を乗り越えると奇跡と読んでもいいような星空が見えますよ!

一度で良いから見ていただきたいです。

メリット⑦:雪が降ると子供が喜ぶ

子供は雪が好きですよね〜
私も喜んでいる子供の笑顔がみたいですw

今年は雪中キャンプにも挑戦したいなって思っています。
全ては子供のため!子供のためですよw

メリット⑧:薪ストーブが楽しめる

これは男のロマンが詰まっています。
男ってなんてこう、バカなんでしょうね〜
絶対薪ストーブ好きですよね(笑)

考えが幼いと言うか、いつまで立っても子供みたいに馬鹿なことを考えてますよね〜
キャンプは大人を子供にしてくれる場所なんですよ!
(こりゃ名言だな)

薪ストーブから見える炎、そして薪ストーブの上で温める料理、薪ストーブの上で焼くお餅、絶対美味しいじゃんか!

冬のキャンプのデメリット

冬キャンのデメリットは強烈です。
いくら楽しそうな要素があったとしても、これらのデメリットを克服できない人は絶対に冬のキャンプをしたがりません。

でも大丈夫!
私がデメリットの対策を教えましょう!!

デメリット①:寒い

寒いよね〜冬だもん!
特に風が吹いたとか、雨が降ったりすると凍えますよね。

人によって寒さに強い・弱いはあるけれど、そんなこと考えてられないですよね。
寒ものは寒い、なぜわざわざ寒いところに行かなければいけないの?って感じですよね。

わかります。
私も寒いの苦手です。
冬にキャンプして毎回寒すぎて、二度と行かないと心に誓うのですが、、、また行っちゃうんですよね〜
バカですよね。。。

そんな私の寒さ対策を伝授しましょう。

対策①:防寒着

まぁ当たり前ですね。
寒ければ着ましょう。
特に顔とか、足元が寒いので、ネックウォーマーやブランケット、冬用ブーツで寒さ対策をしましょう。

 

▼関連記事:ノースフェイスのアンダーウェアを着たら最強に暖かくて焦った^^;

冬キャンプ寒さ対策|おすすめ防寒着は●●のアンダーウェアが最強!ども。クワークです。 冬のキャンプって芯から冷えますよね〜寒いの嫌だから暖かい上着が欲しいと思っていませんか?それは間違っています。買うべきは最強に暖かいアンダーウェアです。最強に暖かいアンダーウェアを購入したのでクワークがレビューしたいと思います。私が買ったアンダーウェアとは。。。...

 

対策②:シュラフは妥協するな

冬用のシュラフ、特に快適温度が低い冬用のシュラフは値段がめちゃくちゃ高いです。

例えばこちら

有名なモンベルのシュラフです。
快適温度が「−10度」と低くとても暖かいです。
これがあれば夜もぐっすり寝られると思います。

でもお値段が、、、「50,000円」と高額なんです。
でも睡眠は大事で、夜寒さで寝られないと苦痛でしょうがいないです。

なので私は高くてもシュラフは良いものを選ぶべきだと思っています。

 

▼関連記事:子供用の冬用シュラフはこれで決まり!大人用シュラフを採用

ファミリー冬キャンプ❄子供の冬用シュラフ(寝袋)コールマンのタスマンを購入!ども。クワークです。 子供の冬用シュラフで悩んでいませんか? 我が家も悩みに悩んでコールマンのタスマンにキメました。 タスマンにキメた経緯や、その他悩んだシュラフについて書いています!...

 

対策③:暖房機器を導入しろ

もうコレがあれば鬼に金棒ですね。
冬のキャンプなのにテント内は暖かく、半袖でOK
てことは、あれも美味しく飲めますね!

あれですよ、あれ!
飲み過ぎご注意です。

キャンプ場によっては電源付きサイトもあるので、ホットカーペットファンヒーターも使えますよ!
電源付きサイト最強ですw

▼関連記事:ストーブのおすすめは?選んでいるときが一番楽しい(笑)

冬キャンプで活躍する石油ストーブはフジカハイペット?お薦め4選を比較 冬キャンと言えば、「澄んだ空、温かい食べ物、焚き火」、そして欠かせないのがストーブですよね。 ココ最近では、キ...

デメリット②:荷物が多くなる

これは仕方がないですね。
寒さを凌ぐためにはどうしても荷物は多くなってしまいます。

特に子連れの場合は色々着るものが増えます。
そして寝るときようの毛布なんかも持ち込みたくなりますよね。

でも夏も同じじゃないですか?
汗を書いた時のために着替えを沢山持っていきますよね?
確かに冬服のほうが嵩張りますが、夏もあまり変わらないイメージです。

寒さを凌ぐための必需品なのでコレばっかりは割切るしかないです。
オートキャンプなら運ぶのは車ですしw

冬服は分厚いので洗濯物が大変ですが、そこは旦那さん・奥さん・お子さんと協力してやりましょう!

デメリット③:場所によっては行けない

これは交通の問題です。
私の車はスタットレスを履いていないです。
そうすると冬に行けるキャンプ場も限られてきます。
(場所によっては凍結してますからね)

さらに雪なんて降られたらアウトです。
凍結していないか、雪が降らないか、ビクビクしながらキャンプするのも嫌ですよね。

なので私は今年の冬はスタットレスを履こうと思っています。
スタットレスがあればどこでもいけちゃいますからね!

でもスタットレスは安いものではないので、誰もが履けるわけではないです。
だからといって、スタットレスも履かずに冬のキャンプに乗り込むようなことは絶対にしないで下さい。
危険すぎます。

そしてスタットレスも良し悪しがあります。
安さにつられて履いたものの、全然意味がない、止まらないなんてこともあります。
有名メーカー名の知れたメーカーだから安心というわけではないので、スタットレスをご検討の方はしっかり検討して下さい。

▼関連記事:スタッドレスタイヤは●●のメーカーを履け!!

冬のキャンプにおすすめのスタッドレスタイヤは●●だけ。他メーカーは止まらない! 子供はキャンプが好きですよね〜 冬でも大自然の中でキャンプをさせたい。 そんな思いから、冬にキャンプをするための準備...

冬のキャンプを楽しもう

いかがでしたでしょうか。
冬のキャンプに行きたいと思っていただけましたでしょうか。

冬はキャンプをお休みする時期だと思っている人が大半だと思います。
そこを敢えていくと、、、パラダイスが待っています!!

キャンプ場を独り占め、美味しい料理、綺麗な景色、そして現実逃避w
最高ですわ(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA