TV番組

【極上!三ツ星キャンプ】ヴィンテージランタン紹介とメンテナンス方法

ガソリンランタンって魅力が一杯でそそられるよね!
特にヴィンテージ物のランタンは傷などがあって、歴史を感じるし、風合いも良いんだわ☺

でもやはり古い物なのでメンテナンスはしっかりしなければ長く使い続けられない。
メンテナンスは重要です。
さらにヴィンテージランタンはオークションなどで購入することが多くなると思う。
その際に買ったはいいが、点かないとか、その他諸々不具合が発生することもあるだろう。
そういった場合もメンテナンスの知識は必要となってくる。

今回三ツ星キャンプでは、ランタンコレクターと、ヴィンテージランタンのスペシャリストがランタンの紹介と、メンテナンスの方法について教えてくれたので紹介したいと思います😊

BS日テレ「三ツ星キャンプ」とは?

放送は毎週水曜21:00〜22:00です。
MCは田中ケンさん(快適生活研究科)なのですが、、、ご存知ですか?
元々モデルをやられていて、モデルの先輩に誘われたマラソン大会に出場する際にキャンプをしたらハマってそのままアウトドア界に転身した異色のお方なんです😁

そんなケンさんと毎回様々なゲストがキャンプを楽しむ番組が「三ツ星キャンプ」です。

三ツ星キャンプ

一大ブームを迎えているキャンプ。
キャンプ(アウトドア)の達人田中ケン
毎回様々なゲストを迎え、大人が休日に実施したくなる、様々なキャンプスタイル、魅力をお届け!

引用:三ツ星キャンプ

今回ゲストとして登場したのは、以前も三ツ星キャンプにランタンコレクターとして出演した「生沼(おいぬま) 和夫」さんです。

関連記事
以前に生沼さんが出演した火遊びの会

【極上!三ツ星キャンプ】火を制する者はキャンプを制する。火遊びを楽しもう!【前編】ども。クワークです。 今回は皆さん大好き焚き火ネタです。 焚き火といっても奥が深く、着火剤や日の付け方など人それぞれこだわりがありますよね! そのこだわりについて紹介します。 さらに焚き火料理や焚き火用のキャンプギア、ランタンなども紹介しちゃいます!...
【極上!三ツ星キャンプ】火を制する者はキャンプを制する。火遊びを楽しもう!【後編】 ▼関連記事:焚き火の楽しさが倍増したぞ(^^) https://kwacuc.life/liking/camp/three...

 

そしてもう一人、ランタン等を取扱いショップのオーナー「石角 直樹」さんです。

石角さんは「ビブラント」というショップを経営されていて、ランタンに詳しくメンテナンスもできる方!
神の手と呼ばれているとか、いないとかw

ショップはランタン以外にも、ランタンケースなどの小物類も沢山あって、楽天などでも買えるので覗いて見て下さい。
ランタンケースは安くてデザインも可愛いと思いました☺

 

■ショップ情報
ビブラント株式会社
158-0094 東京都世田谷区玉川2-15-13, 2-A
​営業時間:11時〜20時(火曜定休)
TEL: 03-6805-6366   E-MAIL: info@viblant.com

ランタンコレクター生沼さんの
ヴィンテージコレクション

生沼さんはコールマンをはじめ、ヴィンテージランタンのコレクターです。
ランタン以外にも小物類であったり、テーブルランタンやバーナー類も持っている方です。

そんな生沼さんのランタンコレクションを見てみましょう。
いや〜勉強になります😁

ヴィンテージランタンコレクションNo.1
生沼さんバースデーランタン

まず生沼さんが最初に紹介してくれたのは生沼さんのバースデーランタンです。
コールマン242Bというモデルで、80年前のランタンです。
80年前ってやばいね😱

80年前のランタンがこの姿で残っていて、さらに現役っていうから凄い💦
骨董品だよねw

ランタンの裏にはちゃんと製造年の刻印があります。

さらに当時のコールマンのロゴも今とは少し違うみたいです。

ロゴの違いは結構色んなブランドでもある話で、ブーツのレッドウイングとか、私の好きなノースフェイスなんかでもタグの違いでヴィンテージ物だったりを判断しますよね〜

こういったロゴの違いも楽しみの1つかと思います。
また昔のロゴってなんか格好良いんですよね(^o^)

ヴィンテージランタンコレクションNo.2
生沼さんの奥さんのバースデーランタン

こちらは生沼さんの奥さんのバースデーランタンです。
生沼さんがランタン集めのきっかけとなったランタンだそうです。
52年12月と刻印があります。

このモデルはビックハットと呼ばれていて、ランタンの傘が大きいんです。
なぜ大きいのかというと、通常のランタンは吊るした際にランタンの真下に影ができます。
それを解決したのがビックハットです。

ビックハットは傘が大きいので、ランタンの真下に影ができることなく、明るく照らしてくれるみたいです!
ビッグハット格好良いね〜
ペトロマックスのランタンなんかもハットが大きいリフレクターがありますよね!
そういう意味があったんですね〜

 

ヴィンテージランタンコレクションNo.3
SEARS(シアーズ)ランタン

生沼さんコレクションNo.3はシアーズのランタンです。
シアーズのランタンは青色ってイメージがあったのですが、こんなレトロで渋いブラウン色もあったんですね〜

こちらは家庭用に作られたものみたいで、結構ずっしりと大きく作られめっちゃ重たいみたいです(^_^;)
タンクも大きく燃料がたくさん入るように作られています。

さらにグローブ(ランタンのガラスの部分)の部分に穴が開いています。

これは、ここからマッチを入れて点火するための穴になります。
なんか格好良いですね✨

 

ヴィンテージランタンコレクションNo.4
米軍ランタン

コレクションNo.4は米軍用のランタンです。
しかも新品みたい😱

軍用なのでちょっと変わっています。
何が変わっているかというと、グローブの部分が1つのガラスでできているわけではなく、4分割されていて、ビビが入ったとしても被害を最小限に収めるための工夫がされています。

さらにスグメンテナンスできるように工具も収まる設計になっているんです💦

米軍用ランタン、マジかっけーっす😆
カラーもグリーンでミリタリー感ハンパねー✨

ヴィンテージランタンコレクションNo.5
生沼さんお気に入りのテーブルランタン

最後は生沼さんの名刺にもこのランタンの写真を使っているというほどお気に入りのランタンです。

これはテーブルランタンなので吊るすタイプではなく置くタイプです。
グローブが髪作られているんじゃなかったけな?
状態がめちゃんこ良いですよね〜
こんなんどこで見つけて来るんだよ(;^ω^)

田中ケン お気に入りのランタン

ケンさんだって黙っちゃいませんよ!
ケンさんもランタンは100個くらい持っていると言っていました💦
100個って。。。。そんなに❓w

ケンさんコレクションNo.1
思い出のランタン

ケンさんのランタンコレクションNo.1は思い出のランタンだそうです。
どんな思い出なのかというと、ケンさんが初めて買ったランタンだそうです。
そりゃ思い出ですよね〜

使い込みすぎて形が変形しちゃってますよ😣
歴史を感じますね👍

ケンさんコレクションNo.2
自慢のランタン

こちらはコールマン100週年の際に、何かに貢献した人しか貰えないランタンだそうです。
日本では10個もないみたい。

で、ケンさんがなぜこのランタンを貰ったのかというと、日本でアウトドアを広めたから、みたいです。
ケンさんのアウトドアの活動がコールマンに評価されたんですね〜

いいなぁ〜✨
俺もブログ頑張るからランタン欲しい😍

石角さん お気に入りのランタン

コッドハンド石角さんのお気に入りのランタンがこちらです。
ヴェイパラックスのランタンです。
ヴェイパラックスは今でも買えるランタンなのですが、現行のランタンと違うところは、石角さんのヴェイパラックスはイギリス軍用なのです。

また来たよ軍用😆
軍用ランタン、いちいち格好良いなぁ💦
もちろんイギリス製。

今の現行のヴェイパラックスは韓国製みたいです。
韓国製かぁ〜
う〜ん😥w

 

神の手を持つ石角さんが教える
ヴィンテージランタン メンテナンス方法

ガソリンランタンはメンテナンスが必須です。
もちろん現行のガソリンランタンもメンテナンスが必要なので、ヴィンテージなんていったら、現行よりも不具合がでる確率が高いのでメンテナンスの技術が必要になってきます。

今回神の手を持つ石角さんがメンテナンスの方法を、分かりやすく、簡単に押してくれました。
この方法で7割位は解決するみたいなので、参考にしてみはいかがでしょうか!!

メンテンス その①
空気が漏れる音

石角さん曰く、メンテナンス時のチェックは下からチェックするほうが問題を早く解決できるみたいです。
メンテナンス①としては、ポンピングして圧が掛かった時に燃料を入れるところから、空気が漏れるような音がしないかチェックします。

もし空気が漏れる音がした場合、燃料を入れる蓋のパッキンが劣化している可能性があります

なので対策としてはキャップの交換になります!

 

メンテンス その②
空気圧のチェック

メンテナンス②は空気圧のチェックです。
ポンピングした際に圧力が掛かっているか、いないか、ポンピングしたら分かります。
(分かるはずですw)

ポンピングした際にスカスカ状態なら圧が掛かっていないことになるのでゴムパッキンの交換になります。

 

ヴィンテージランタンの場合、ゴムパッキンではなく、革製のパッキンの場合があります。
その場合は潤滑油を革に塗ってあげてモミモミすると復活するみたいです。
なので交換は不要になります。

メンテンス その③
空気がの漏れをチェック

最後は空気の漏れの確認です。
メンテナンス①で燃料を入れるキャップからの空気漏れを確認しましたが、メンテナンス③ではポンピングする部分の穴から空気が漏れていないか確認します。

チェック方法はポンピングしてから、ポンピング部分にライターの火を近づけて火がつくか確認します。

火がついたらアウトです😆

火がついてしまったら、チェックバルブの交換が必要となります。

※コールマンの公式サイトを見ると、チェックバルブでもいくつか種類があるみたいなので、よく確かめてから購入して下さいm(_ _)m 

メンテナンス 番外編

ランタンをポンピングした際に、ポンピングがスムーズにできないことはありませんか?
症状としてはポンピングで圧力を掛けた際(押した際)になにか引っかかってうまく押せないといった感じです。

これはポンピングする棒(なんていうんだろ?ポンププランジャーかな?)が曲がっている可能性があります
交換すれば直りますが、ハンマーなどで叩けば直るみたいですよw

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ヴィンテージランタンも魅力なものばかり、というか魅力的な物しかない(^_^;)

石角さんのメンテナン方法についても、分かりやすくてスグに実践できるのでめっちゃタメになりましたよね😆👍
さすがゴットハンド石角w

これでオークションでヴィンテージランタンを買うハードルも低くなったのではないでしょうか。
私もヴィンテージランタンが欲しくなってきた\(^o^)/
まずはバースデーランタンを探すたびに出かけようかな〜😁

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA