【悲報】現金14万円入りの財布を盗まれた話はこちら
キャンプ

冬キャンプの寒さ対策!服装や料理で暖かくして冬キャンプを楽しもう

クワーク
クワーク
ども。寒がりのクワーク(@クワーク永瀬)です。

いきなりですが、キャンプは冬がメインだと思っていますw
もはやメリットが多すぎます!!

 

あわせて読みたい
冬のキャンプの楽しみ方!8つのメリット・3つのデメリットを把握しよう はい。年子くんの話は置いといて、今回は冬キャンプについてです。 キャンプって暖かい時期にやるもんだと思って...

 

とは言っても明らかに冬のキャンプ人口は激減します。
その理由は、凍結などの交通の面もありますが多くの理由が寒さです。

よく聞く言葉が、「冬にキャンプして寒くないの?」です。
あとは「冬は寒いからキャンプしたくない」です。

寒い?そりゃ冬だもんって思ってしまいますw
でも冬は寒いって分かっているわけなので、その寒さの原因を知って、しっかり対策すれば寒くないんですよ!

ということで、今回は冬の寒さ対策についてお伝えしたいと思います。
本文を読めば冬のキャンプに出撃しても寒さなんてなくなります!
もはや心地よい暖かさになり病みつきになりますよ(*^^*)

冬キャンプの寒さ対策の前に、寒く感じる3つの原因を知ろう

寒い寒いといっても、なぜ寒いのか。
なぜ寒いと感じるのか。
疑問に思ったことありませんか?

疑問に思ったあなた、良いところに目をつけていますね〜
その疑問を知ることでシッカリとした寒さ対策ができます。
逆にいうと、原因が分からないと対策が打てないので、原因を理解することは大事です!

寒さの原因 気温

はい。そりゃ気温が下がれば寒いのは当たり前
そう思われたあなた、大正解です。

だって冬だもん。
気温が低いのは当たり前、気温が下がれば寒いのも当たり前。

でもこの気温という考え方が一番大事です。
この気温が低いことと、後述する原因が組み合わさることでより寒く感じるのです。

寒さの原因 風

風が吹くとやっかいです。
ただでさえ気温が低いのに風が吹くことで体感温度は一気に下がります
さらには体力も奪われるので代謝も落ちてしまうんです。

強風の日にキャンプを決行する人はあまりいないと思いますが、キャンプで微風なんて当たり前みたいなもんですよね。
夏は心地よい風で済まされますが、冬は死活問題です。

ここはシッカリ対策していきたいですね。

寒さの原因 汗

キャンプでは、いくら冬だからといって汗をかかないなんて絶対に有りえません
むしろ防寒のために何枚も重ね着をしていますし、テント・タープの設営、さらには雪が降っていると歩くだけで、けっこう汗をかきます

その汗を吸い込んだアンダーウェアがあなたの体温を奪っていくのです。
夏であればTシャツ1枚で汗をかいても、気温が高いこともあり汗が熱を奪うことでいい具合に体温調節されます。
Tシャツ自体もすぐ乾いてしまいますよね。

ですが冬の場合は気温は低い → でも防寒+体を動かしたことで体は熱くなっている → 汗をかいたアンダーウェアはが熱を奪う → 中々乾かない → さらに熱を奪う、とまぁこんな感じです。

寒さ対策をして冬キャンプを楽しもう

上記で寒さの原因を見ていきましたが、要はその原因をシャットアウトすれば良いんです!
さらに気温については、気温をあげることはできないので、自らの体温をあげる対策が必要になってきます。

ここでは寒さの原因をシャットアウトする方法と、体温をあげる方法をご紹介します。

体の末端を防寒する

これはどういうことかと言うと、人間は体温を一定に保とうとする生き物です。
ちなみに私の体温は36度ですが、これは夏も冬も変わりません。

この36度という熱、平熱を保とうとして頑張っているのが脳です。
脳が熱を保とうして暑い、寒いという信号を体に送っているのですが、脳が暑い、寒いと感じる原因が毛細(もうさい)血管、要は血管です。

暑さ、寒さで血管が膨張、収縮することで脳がそれを検知して寒い、暑いと感じます。
寒さの場合は血管が収縮して熱を運ぶ血液が流れないようになるのです。
血液の流れが悪くなると脳が反応して寒いという信号を出し体が熱を蓄えるように反応する仕組みです。

なのでこの血管の収縮を防げば良いわけです。
体は末端から冷えてきますので、その末端を温めてあげましょう

末端を温めに有効なのがニット帽
人間の体温調整の1/3は首より上で行われているのでニット帽、またはネックウォーマーは重要です。

末端と言ったら手足ですね。
手袋冬用ブーツでしっかり防寒しましょう!!

 

あわせて読みたい
楽天お買い物マラソンでお得にキャンプ冬支度!スノーブーツ編ども。クワークです。 冬支度していますか? 冬といえばブーツですよね! 楽天お買い物マラソンが開催されているのでお買い得にブーツが買いたい! 今年はソレル?ノース?それともダナー?...

 

風から身を守ろう

寒さの原因でもある風。
風を感じなくなるだけで体感温度が全然違います。

風をシャットアウトするためには風をシャットアウトできるアウターが必要です。
重ね着をしていて、中に風をシャットアウトできる衣類を着込んでも意味がないので注意してくださいね(笑)

風をシャットアウトできるアウターとして定番なのがゴアテックス素材のアウターです。
風は通さないし、汗をかいても外に逃がしてくれるので最適なアウターです。

レインウエアーもおすすめです!
風だけではなく、雨もシャットアウトしてくれます!
コアテックス製であれば汗も逃してくれます👍

ミドルウェアで保温すべし

風をシャットアウトしたら今度は体を温めましょう
体を温めるのに活躍するのがフリースやダウンです。

フリースは保温力はダウンに劣りますが、濡れに強く、通気性もあります。
ダウンは保温力こそありますが濡れに弱いです。
一長一短です。
キャンプで動くことが多ければフリース、あまり動かないのであればダウンを選びましょう。

最も重要なインナーにお金をかけよう!

見えないからと言って疎かにしてはいけません。
インナーが一番大事と言っても過言ではありません。

寒さの原因でもお伝えしましたが、インナーに重要なのは通気性や速乾性です。
汗をかいていつまでも冷たいままでは汗冷えしてしまいます。

ちなみにユニクロのヒートテックはお定番ではありますが、汗を吸収してしまって速乾性に優れないのでキャンプでの使用は控えた方が無難です。

ここで紹介するインナーは保温力も速乾性もあるインナーです。
それなりのお値段しますが、寒さを凌ぐといった意味ではどうしてもコレくらいのお値段はしますね!

こっちは極寒地用です。
私も試着したことがありますが、ノースフェイスの店員さんはコレをパンツいっちょで寝袋で寝て汗をかいたって言ってましたw

実際にノースフェイスのアンダーウェアを買ったのでレビューしてます!
このアンダーウェア最強ですよ。
マジおすすめです!!

あわせて読みたい
冬キャンプ寒さ対策|おすすめ防寒着は●●のアンダーウェアが最強! 冬は寒いです。 その寒い場所に行くのが冬キャンプ。 頭がおかしいとしか思えません。 なぜそんな頭がおかしいこと...

暖かい物を食べて温まろう

食べ物大事です!
ご飯を食べると代謝も上がるので体が暖まります。

また食べるものも体が温まる生姜や、辛いキムチ系なんか良いと思います。

 

スポンサーリンク

冬キャンプの寒さ対策まとめ

いかがでしたか?
寒さ対策して冬のキャンプに行こうと思いましたか?
それとも新しい寒さ対策アイテムを新調しようと思いましたか!!

いずれにせよ上記でご説明した対策をシッカリ行えば寒さは防げます。
簡単に言ってしまうとお金をかければ寒さ対策はできるのです。

アウターを初め冬のアイテムは高いものばかりです。
インナーにしたって1万円近くします。
やっぱり良いものはそれなりのお金は必要なんですね。
悲しい😢

あとはお財布と相談ですね。
安い物を揃えても寒さを凌ぐのは難しいです。
現に私がいい例です。

アウターこそノースフェイスのマウンテンジャケット(ゴアテックス製)を持っていますが、インナー、アンダーウェアの装備が弱いため二度と冬キャンには行きたくないと思っていました。
あと私めっちゃ寒がりなんですw

でも装備を整えるだけで寒さも吹っ飛び冬キャン満喫です!
せめてアウターとアンダーウェアを揃えるだけで全然違いますので、持っていないのであれば買って、既に持っている人は見直してみてはいかがですか?

想像してみましょう。
澄んだ空、雪で覆われた真っ白なキャンプ場、雪ではしゃぐ子ども達、その中で食べる美味しい温まる料理♪
想像しただけで笑顔が込み上げて来る、と同時にヨダレも出ちゃう(^q^)

冬キャン楽しみましょう!
良いキャンプライフを〜\(^o^)/

 

 

あわせて読みたい
冬のキャンプにおすすめのスタッドレスタイヤは●●だけ。他メーカーは止まらない! 子供はキャンプが好きですよね〜 冬でも大自然の中でキャンプをさせたい。 そんな思いから、冬にキャンプをするための準備...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA