キャンプ場

キャンプ場予約の現実!「複数予約、当日・ドタキャンという大問題」

クワーク
クワーク
ども。9月の連休で高規格のキャンプ場に行きたいクワークです。(@クワーク永瀬)

※高規格:高い基準を満たしたキャンプ場で設備が充実、清潔感溢れた初心者でも安心して泊まれるキャンプ場なのです!

年子くん
年子くん
高規格!?
じゃぁ、予約しないとね!!

今や人気のキャンプ場は予約でいっぱいです。

上記のキャンプ場は人気で予約が取り辛いです。
人気である理由は、キャンプ場自体が綺麗であったり、子供向けの企画があったりと、他のキャンプ場にはないものがあります。

でも最近では、この高規格キャンプ場以外のキャンプ場の予約が取りづらくなっているんです。
今回はキャンプ場の予約が取り辛くなっている原因と、今後の動向について分析していきたいと思います。

本文を読んで、少しでもキャンプ場の予約の取り辛さが改善されて、多くの人がキャンプ場へ足を運べるようになって欲しいです。

キャンプ場の予約が取れない原因

とても人気がある、ただそれだけではないです。

その原因はズバリ、予約を取りすぎているのが原因です。

どういうことかと言いますと、1人、または代表者の人が、特定のキャンプ場の予約を取るだけでなく、複数のキャンプ場の予約を取るということで。

複数のキャンプ場の予約を取る理由として考えられるのが

  • 行く場所が定まらないからとりあえず予約する
  • キャンプに行く日程が決まらないからとりあえず予約をする

このあたりかな?と思います。

要はとりあえずの予約が多いということです。
とりあえずの予約が多いと、どういうことが起きるか分かりますか??

キャンプ場をとりあえず予約すると起こること

とりあえずということは、まだ行くか決まっていないということですよね?
ということはキャンセルをする可能性があるということです。

上記については2つの問題があります。
不確定の状態で予約をする問題、キャンセルをすることによる問題。

①不確定の状態で予約をする問題

これは予約をするので、「キャンプ場を利用するので場所を確保しておいてね」ということですよね?
「キャンプ場を利用するかもしれないので場所を確保しておいてね」ということではありません。

言っていること分かりますか?
自分以外にもそのキャンプ場を利用したい人がいるということです。
利用したい人は、そのキャンプ場に行きたいのに、仮で予約をしている人がいるせいで予約ができず、諦めなければいけないことになります。

本当にそのキャンプ場に行きたいと思っている人からしたら大変迷惑な話です。

大人気のラーメン屋、大人気の旅館を例にすると、人気があるから食べたい、人気があるから宿泊したいのに、本当に来るかも分からない人が予約をしていることで、本当に行きたいと思っている人が行けない状態になっているということです。

あまりにも悲しくないですか??

②キャンセルをすることによる問題

次にキャンセルをすることによる問題です。

キャンセルをするとどうなりますか?
もちろん空きが出来ますよね?

先程と同様、本当に行きたい、そのキャンプ場を利用したいと思っている人が利用できるなら良いと思います。
(キャンセル待ちシステムとかがあれば実現は可能かもしれません)

仮にキャンセルした穴が埋まらなかったらどうでしょう。
本当に利用したかった人が利用できない、本当に利用して欲しいと思っているキャンプ場の管理者も辛いですよね。
さらに人が利用者が減るということなので、シビアな話、売上にも直結してくる問題だと思います。

キャンプ場が売上目的で経営しているかは分かりませんが、もし経営がキャンセルが多発し利用者が減れば、もちろん売上も激減し、最悪キャンプ場が閉鎖してしまうことだってありえるかもしれません。

正直そこまで考える人がいるかは分かりませんが、キャンプを愛する者としてはこの問題はなんとも解決したい問題です。

キャンプ場を予約する際の注意点

ただのキャンプ好きのおじさんが何を言っているんだと思われるかもしれませんが、言わせて下さい。

キャンプ場を予約する際は以下に気をつけていただきたいです。

  • キャンプ場は決まっていますか?
  • キャンプの日程は決まっていますか?
  • キャンプに行くメンバは確定していますか?
  • その他不確定要素はありませんか?

キャンプ場は決まっていますか?

キャンプに行く際に、どこのキャンプ場に行くか決めますよね?

山キャン
海キャンプ
川キャンプ
レイクキャンプ
イベントがあるキャンプ場
アスレチックがあるキャンプ場

色々あると思います。

キャンプ場に迷うこともあると思いますが、もし迷ったら予約をするのではなく、優先順位を決めましょう。

優先順位を決める前に予約するのはやめましょう。
理由は優先順位を決める前に予約をしようとすると、あっちもこっちもとなり結果、複数のキャンプ場に予約してしまうからです。

キャンプの日程は決まっていますか?

こちらも上記と同じです。
日程がすぐ決まらないのであれば、有力な候補日を上げて、確度が高い日だけ予約を入れましょう。

別日になってしまい、別日に目的のキャンプ場が空いていなかった場合は、他のキャンプ場を予約するか、予約のいらないフリーのキャンプ場にしましょう。
(まだあなたが知らない魅力的なキャンプ場はいくつもあります!)

またはキャンセル待ちが可能か聞いてみるのも良いと思います。
またテントサイトが空いていないくても、バンガローが空いていたりするので、バンガローも検討してみるのも良いかもしれませんね。

キャンプに行くメンバは確定していますか?

ここは見落としガチなのですが、メンバが変わると、サイトを利用する面積も変わってきますよね?

元々10人で予約していたけど、行けないメンバがいて、結局半分の5人になりました、なんてなったら、一家族分の面積は空くと思います。
そうすれば新たな一家族が利用できまよね?

その他不確定要素はありませんか?

その他というのは、天候などです。

雨や風が強かったら行きたくないという人は多いと思います。
雨が降ったらキャンセルしようと言う人もいるなかで、雨でもキャンプがしたいという人もいます。

なのでもし不足な事態が発生したら行くのか、行かないのか、決めておいたほうが良いです。
あまりにも行く確率が低いなら予約をしない、早めにキャンセルしましょう。

キャンプ場の予約・キャンセルの考え方

いくつも予約するな、キャンセルもするなと言ってしまっては、これではキャンプに行けない、キャンセルもできないじゃないか!!と思わるかもしれませんが、私が言いたいのは、ある程度のマナーを守って頂きたいということです。

ある程度」というアバウトな言い方になってしまい申し訳ありませんが、こうなったら予約するべき、ああなったらキャンセルすべき、といった基準はありません。
なので判断が難しく、それぞれ個々の判断になってしまいます。

人数が多いので複数のキャンプ場を予約しなければいけなかった、当日に台風が直撃したり体調を崩してしまいキャンセルせざる負えない場合もあるでしょう。

ただもし基準を設けるとしたら、「相手の立場になってみて、相手が不快に思ったり、迷惑だと感じる」そう思ったら予約・キャンセルを控えべきだと私は思います。

終わりに

今回はキャンプ場の予約やキャンセルの問題について話しましたが、事の発端は、私の尊敬するキャンパーであるさくぽん@sakumanx)がこんなツイートをしていたので、私も胸が熱くなりこのような記事を書きました。

 

この件は本当に他人事ではなく、キャンプをする人みんなが考える必要があると思っています。
「キャンプをする人に悪い人はいない」コレ本当です。

みなさん良い人です。
そんな良い人達が悲しむようなことはやめましょう。

これからキャンプ業界がさらに盛り上がっていってほしいですね。
そのためにも皆さん一人一人の意識が大切です!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA