キャンプツーリング

キャンプツーリング初心者が絶対に後悔しないテントをご紹介!【1週間以上の北海道ツーリング全泊キャンプした僕が教える】

キャンプツーリングのテント選びはワクワクすると同時に何を買っていいいか迷いますよね?
種類はたくさんあるし、実際に気に入ったデザインの物を買えば良いのかもしれないけど、サイズが大きかったり、値段が高かったり、中々一歩踏み出せないものです。
さらに他のキャンパーがどんなテントを使用しているのか気になります!

クワーク
クワーク
実際に私、クワーク(@クワーク永瀬)も何が正解なのか、キャンプツーリングは何を重視して選べば良いのか、かなり迷いましたよw

私と同じ悩みを持つ人は少なくないはず。
そこで私が以前北海道ツーリングで1週間以上全泊キャンプした経験をもとに、キャンプツーリング用のおすすめテントを紹介したいと思います

本文を呼んで納得いくテントを選んで、キャンプツーリングを楽しんで下さいね!
寒い時期こそキャンプツーリングを楽しみましょう。
でも、路面の凍結などには十分注意して下さいね(^^)

キャンプツーリング用テントで重要なのは・・・

私が思うキャンプツーリング用テントで重要なこと、それは

  • テントの大きさ
  • 設営のしやすさ

この2点だと思っています。
持論ですよw

本当は居住性も欲しいところですが、それはタープでカバーするとして、テントは荷物が置けるスペースと、自分の寝床を確保できればOKと思っています。

テントが大きいとやはり積載の問題が出てきます。
BMW GSシリーズのような積載力があるバイクならいいですが、パニアや箱が積めないバイクは荷物をコンパクトにして、どうにかして荷台に括り付けて行くしかないです。

例えばハーレーなんかは荷台に箱をたくさん積んでいる人もいますが、古いハーレーになると荷台が付けられないためタンデム用のシート部分に乗せる感じで積むしかありません。
これイメージです。

このように縦積みしてシーシーバーなどに巻き付けます。
こんなの積載力0に等しいですよね?
なので極力キャンプツーリングに持っていく物をコンパクトに、最小限にする必要があります

テントの重さは気にしなくて良いです。
重さはテントの大きさに比例するので、テントの大きさが小さくなれば必然的に重さも軽くなります。

そもそもテントを運ぶのはバイクですからね(^o^;)
重ければバイクの燃費に影響するかもw

あと設営のしやすさも大事です。
キャンプ場について早くゆっくりしたいのに設営に30分も掛けたくないですよね
さらに雨なんか降ってたら、設営する気なくなりますもんw

大きいテントとは?基準となるテント

大きいテントは極力避けるべきだと言ってきましたが、大きいって人それぞれ違いますよね?
なので基準を設けようと思います。

基準となるテントは私が北海道ツーリングで使用したテントです。
スノーピーク アメニティードームS

奥に写っているのが私のアメドSです。
これがデカすぎる
そして重い
でも広いので居住性はバツグンです!!

以下アメドSのスペックです。

重量5kg
収納サイズ58×18×23(h)cm
セット内容

テント本体、本体フレーム長(×3)、前室フレーム(×1)、ジュラルミンペグ(17cm×18)、自在付ロープ(2.5m×4、2又4m×2)、リペアパイプ、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース

特長高品質のスペックでありながら、お求め易い価格帯。入門用テントとして圧倒的な人気を誇る、スノーピークの超ベストセラーテント。
仕様● セット内容:テント本体、本体フレーム長(×3)、前室フレーム(×1)、ジュラルミンペグ(17cm×18)、自在付ロープ(2.5m×4、2又4m×2)、リペアパイプ、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース
● 材質:フライシート/75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、インナーウォール/ 68Dポリエステルタフタ、ボトム/210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工、フレーム/ジュラルミンA7001+A6061(φ9.3mm+φ8.5mm)
● キャリーバッグサイズ:58×18×23(h)cm
● 重量:5kg
● 対応人数:3名

上記の表で気にすべき箇所は、重量と収納サイズです。
これを基準として考えましょう。

[ad]

キャンプツーリング用テント9選

それでは私がおすすめするテントを見ていきましょう。
基本は私が欲しいと思うもの、これならキャンプツーリングに持っていけると思ったものをご紹介します!

Noメーカー/テント収納サイズ重量価格
コールマン
ツーリングドームST
φ23×54cm4.4kg15,000円
モンベル
ムーンライト2型
φ16×46cm2.6kg30,000円
DOD
ライダーズワンタッチテント
φ19×56cm3.2kg18,000円
DOD
ライダーズバイクインテント
W58×D20×
H20cm
5.3kg27,000円
DOD
ライダーズワンポールテント
直径140×長さ500mm2.5kg17,000円
DOD
ライダーズベース
直径140×長さ500mm4.2kg20,000円
テンマク
パンダTC
49×25×
16cm
5.4kg32,000円
テンマク
パンダ
Φ17×36cm2.1kg15,000円
テンマク
テングル
Φ18×50cm3.9kg35,000円
(廃盤)

キャンプツーリングテントの王道コールマンのツーリングテント

コールマンのツーリングテントは王道中の王道。
広い前室が特徴です。
さらにお値段も約15,000円とお手頃価格!

  • 収納サイズ:約φ23×54cm
  • 重量:4.4kg

数値的にアメドSと変わらないように見えますが、アメドSとより全然コンパクトで軽いです
迷ったらコールマンのドームSTにしましょう!!

月の明かりで設営ができるほど設営が簡単な
モンベル ムーンライト

こちらも王道ですね!
多くの人が使用しています。
アニメ「ゆるキャン」でも登場してましたね!

 

▼関連記事:浩庵キャンプ場で自転車ソロキャンプ

キャンプアニメ「ゆるキャン」第1話で登場したキャンプ場はどこ?道具は何?【ネタバレなし】 一言いわせて下さい。 「ゆるキャン」たのしくね? キャンプのアニメだということは知っていましたが、どうしてもあの絵が好き...

 

ムーンライトは1型〜9型まであり、数字が大きくなるに連れて対応人数も増えます。
キャンプツーリングはソロで寝ると思うので2型が良いと思います。

  • 収納サイズ:約φ16×46cm
  • 重量:2.6kg

収納サイズ、重量ともにいい感じでですね〜
デザインとお値段が気にならなければ文句なしの一品です!!
お値段は約3万円です。

キャンプツーリングの強い味方DOD

DOD(旧ドッペルギャンガーアウトドア)はツーリング用のテントが豊富なんですよ!
ソロ用、タンデム用、タープテントもあります。

ライダーズワンタッチテント(約18,000円

  • 収納サイズ:W56cm×φ19cm
  • 重量:3.2kg

ライダーズバイクインテント(約27,000円

  • 収納サイズ:(約)W58×D20×H20cm
  • 重量:5.3kg

ワンポールテント(約17,000円

  • 収納サイズ:直径140×長さ500mm
  • 重量:2.5kg

ライダーズベース(約20,000円

  • 収納サイズ: 直径17×長さ58cm
  • 重量:4.2kg

2つ目に紹介したライダーズテントと、4つ目に紹介したタープはアメドSに匹敵する大きさですね(^_^;)
私的に4つ目のタープは大変魅力を感じますね〜

テントのサイズは大きいですが、タープも兼ねているので悩みどころです。
実際を見てみた感じや、収納時の大きさも一度手にとって見てみたいですね!
このタープテントなら薪ストーブも導入できそうだし

アウトドアショップオリジナルブランド「tend-Mark DESIGNS」

最近私が大変気になっているブランドです。
数々のお手頃且つ良質なキャンプ用品を展開しているテンマクですが、キャンプツーリングにも使えるコンパクトなテントがあります!

  • 収納サイズ:49×25×16cm
  • 重量:5.4
  • 収納サイズ:Φ17×36cm
  • 重量:2.1kg
  • 収納サイズ:Φ18×50cm
  • 重量:3.9kg

キャンプツーリングで薪ストーブ楽しみたいならワンポールテントがおすすめです
テンマクはコットンタイプのテントを多く展開しているので魅力ではあるものの、コットン場重くなり、嵩張るのでその変も考慮した方が良いです。

まとめ

まとめます!

  1. テントは5kg以内に収めろ
  2. 設営しやすいテントを選べ
クワーク
クワーク
5kg以内、設営がしやすいテントを選ぶべきだけど、デザインの気に入ったテントが5kgオーバー、設営しにくそう!
そういうテントに出会って、もし迷ったらデザイン重視で選べw
上記の①、②は諦めるんだ!!

やっぱり気に入った物を使うのが一番です
そうじゃないとキャンプツーリングに持っていくのも気が乗らないですよね。
気に入った物なら持ち出したくなるじゃないですか!!

でもあまりにも大きいものだと持ち出すのが面倒になるので、大きさにも限度があります。
なので私が使用していたアメドSが基準となるのではと思っています。

アメドSのサイズ感が限界です。
それ以上大きい物はやめた方がいいと思います。
あとは自分のバイクの積載力と相談して見てください!

キャンプツーリングライフを楽しみましょう!
そして私と一緒にキャンツーしましょう(^O^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA