【アメトーーク!】キャンプ芸人の愛用ギアが知りたい人はこちら
バイク

ハーレー、旧車に最適な任意保険。私が○○に加入した理由!

バイクの任意保険ってどこの保険会社に加入するか悩みますよね。。。
だからと言って入らないのはNGです。
任意保険には必ず入って下さいね!!

クワーク
クワーク
保険選び悩むクワーク(@クワーク永瀬)です。
OLDハーレーのためにお金をかき集めていますが、縁があり250ccのおもちゃを手に入れたので保険を選んでおります(^^)

そうなんです。
250ccのバイクを手に入れたので任意保険を選んでいます。
(ちなみにバイクはまだ手元にありません(^.^;)

せっかく任意保険に入るのだから、ゆくゆくはハーレーを購入するつもりなので、そのことも考えて保険会社を選んだ方が良いと思ったんです!!

そこでハーレー乗り、OLDバイクのライダーに適した任意保険とは何だろうかと考え、保険会社を徹底的に調べました
保険会社はダイレクト型、代理店型問わず全てを対象としました。
(とは言っても日本にある全ての保険会社を調べたわけではないですよ(^_^;))

私と同じように保険選びで迷っている方もいらっしゃると思うので、今回は私の視点でハーレーや、OLDバイクに乗っている人が加入すべき任意保険を調べてみました。
納得して保険を契約したいですよね。
私は今回の調べで納得して契約までしているので、もしかしたらあなたも納得して契約できるかも(^^)

私が選んだ保険会社はズバリ。。。

ZURICH(チューリッヒ保険会社)」です。

私が保険会社で重視したことは下記の3つです。

  1. ロードサービスが充実していること
  2. もちろん安い方が良い
  3. 事故対応が悪くなければ良い(良いことに越したことはない)

なぜこの3つなのかは後程説明します。

上記の選考基準で合致した保険会社のなかで、最も私に合っていると思った保険会社に加入しました。

加入した保険会社を選んだ理由

なぜチューリッヒなんだ?
やっぱりチューリッヒか。
チューリッヒはやめておけよ。

賛否両論あるかと思いますが、私がチューリッヒを選んだ理由を以降でお伝えします。

ハーレー、旧車乗りが優先すべき任意保険の内容

そもそも任意保険とは、もしものことが合った場合に自賠責保険では賄いきれない部分をカバーするための保険です。
ですので任意保険を未加入で事故を起こし、歩行者を巻き込んでしまったり、相手の車・バイクを壊してしまったりした場合、損害賠償を自力で支払わなければなりません。
被害額が百万単位、千万単位なんて、なかなか払えないですよね。
なので万が一の時のために、任意保険にはいるのです。

そうなると、対人・対物の保証は無制限が大前提です。
あとは保険の値段やその他の保証内容で保険会社を選ぶ必要がありますが、私が思うことは自分のバイクに合った保険内容で保険会社を選ぶべき、ということです。

自分のバイクとは、あなたのハーレー、旧車のことです。
または私のようにまだ手に入れていないが思い描いているハーレーのことw

 

▼関連記事:あなたは言霊を信じますか?僕ハーレー買ったよ!

あわせて読みたい
ついにハーレー(ショベル)を買った。ブログやってて良かった!「ブログで月100万達成!!」 「ハーレー買ってしまった(*^_^*)」 先に謝っておきます。嘘ついてごめんなさい。 以前...

 

これらのバイクの特徴は

  • 走行中にアクシデントが発生することがある
  • ツーリングに行っても目的に辿り着けない場合がある
  • タンク容量が少ないためガス欠の恐れがある

他にもまだまだあるかもしれません。
(ビンテージタイヤを履いてグリップが効かず滑って転ぶとか。。。)

自分のバイクなら特徴が分かっていますよね。
これから乗り始める人は、予想される危険性を考えて見て下さい。

もう既にお分かりかもしれませんが、ハーレーや旧車は出先でのアクシデントの確率が高いのです。
そうすると保険に求めることとしては、ロードサービスが充実している保険会社を選ぶべきだと思いませんか??

ロードサービスを専門に行っている会社もあります。
代表的なのがJAFZuttoRide、さらにジャックスの提携二輪組合ロードサービスカードといったクレジットカードにもロードサービスが付きます。
これからのロードサービスと組み合わせて考えると選択肢が広がります。

ですが私はまずは保険会社のみで考えることにしました。
なぜなら手に入れた250ccのおもちゃが国産、高年式だがら。
そうそう壊れることもないし、ロードサービスを利用することもないと思ったからです。

実際にハーレーを手に入れて必要だと思ったらロードサービス専門のサービスを考えようと思っています。

スポンサーリンク

ロードサービスが充実しすぎている

私が選んだチューリッヒはロードサービスがずば抜けています
ロードサービスといっても人それぞれ思うことに違いがあるかもしれないので、私が必要だと思うロードサービスを挙げます。

 

  • 走行不能となったバイクのレッカー費用無料
  • 走行不能となった場所から帰宅する際の費用負担
  • レッカーでバイクを修理工場まで運んだ際のバイク持ち帰り費用負担

上記は必須で何らかの補償が欲しいところです。

実際にチューリッヒのロードサービス内容を見てみましょう。

  • レッカー距離100kmまで無料
    (チューリッヒの指定修理工場に持ち込む場合は距離制限なく無料)
  • 帰宅費用(ご自宅、または目的地までの交通費)全額補償
  • 宿泊費用(当日一泊のホテル代)全額補償
  • レンタカー基本料金無料
  • キャンセル費用(宿、ツアーなどをキャンセルした場合)5万円まで補償
  • ピックアップ費用(バイクの修理後、自宅までの車両運送費用)全額補償

この内容やばくないですか?
レッカー距離100kmというのが少々不安ですが、我が家から100kmというと、千葉県全域、北は日光、西は富士山手前までカバーできるので全然OKです。
(不安ならロードサービス専門のサービス会社の加入を検討しますw)

帰宅費用、宿泊費用、ピックアップ費用、すべて全額補償してくれるのでタダですよ
これは凄いぞチューリッヒ(@_@)

走行不能になった場合以外のロードサービスはというと、

  • バッテリー上がり → ジャンピング 保険期間中1回まで無料
  • キー紛失 →現場でのキー作成、保険期間中1回まで無料
  • オイル漏れ → オイル補充無料
  • ガス欠 → 給油+ガソリン代も10リットルまで、保険期間中1回まで無料

こちらも充実した内容だと思いませんか?
ガス欠時なんか、保険期間中1までの制限はあるものの、ガソリンは持ってきてくれるし、さらに10リットルまで無料だし、タンクが小さいハーレー乗りも安心じゃないですか!!

ロードサービスが充実しているなら保険料が高いのでは?

誰しもそう思いますよね?
これだけの充実したロードサービスなので保険料が気になります。

金を積めばいくらでも充実したロードサービスは受けられます。
でもお金がないから悩んでいるんですよwww
誰しもコストパフォーマンスが良い保険を探しているんです(+_+)

実際に私が見積もりをした結果ですが、

  • 対人:無制限
  • 対物:無制限
  • 対物超過特約:無制限
  • 搭乗者傷害保険:200万
    (タンデムの予定なし)
  • 自損事故傷害特約:1500万円
  • 無保険車障害特約:2億円
  • 携行品特約:10万円まで
  • 弁護士費用等特約:万が一のために

上記の内容で年間18,770円です。
月々で換算すると1564円!!!
安いぞ~(^O^)

バイク保険

安いのは分かったけど、事故時の対応はどうなの?

やっぱりそこは気になりますよね?
安かろう悪かろうでは嫌ですもんね。

この件に関しては私も実際に経験していなのでわかりません。
なので口コミなどネットの情報を頼るしかありませんが、まず言えることは、ネットに書き込むということは基本不満があるから書き込むケースが多いということです。

事故対応に不満があるとその不満を誰かに伝えたい気持ちが込み上げてきますよね。
逆に事故対応に満足いく結果を得られた場合はわざわざ良かったですよ~ってネットに書き込まないですよね?

なので必然的に悪い評価が集まる傾向にあります。
ただ嘘を書き込んでいるわけではないと思うので。
対応が悪いというのは実際にあったことなんだと真摯に受け止めましょう。

私の考えとしては、もし実際に事故をして対応が悪ければ、保険を乗り換えるか検討しようと思っています。
いつ事故に合うか分からない状況で、事故対応の良し悪しを気にしてもしょうがないじゃないですか。
実際に事故を起こして対応が良い場合もあるわけですし。

スポンサーリンク

他の保険会社の内容も見てみよう

いままでチューリッヒ絶賛の話をしてきましたが、他の保険会社も気になりますよね。
私が調べた保険会社と比較して見ましよう。

レッカー無料距離

レッカー距離は各社バラバラです。
チューリッヒは100kmまでは無料、チューリッヒ指定の修理工場なら制限なしに無料でした。
他の会社はというと。。。

三井ダイレクト50kmまで無料三井ダイレクト指定の修理工場の場合は無制限無料
三井住友海上30万円まで無料
約416km相当
アクサダイレクト50kmまで無料アクサ指定の修理工場の場合は無制限無料

三井住友の416km相当のレッカーは凄いですね
かなり魅力的です。
416kmってどこまでいけるのか

帰宅費や宿泊費などのレッカー後のサポート

レッカーしてくれるのはいいですが、帰宅する際や宿泊する際の費用はどのくらい保証されるのでしょうか。

三井ダイレクト保証なし
三井住友海上帰宅費用:お1人につき20,000円まで補償※自己負担額1,000円あり
宿泊費用:お1人につき15,000円まで補償
アクサダイレクト帰宅費用:全額保証※グリーン車等の合理的でない経路・方法は対象外
宿泊費用:1泊まで全額保証※原則ビジネスホテルクラス

三井ダイレクトの保証なしは残念ですね〜
レッカー距離で魅力的だった三井住友は限度額はある者の、帰宅費用・宿泊費用があるのは嬉しいです。
アクサは基本、全額保証してくれるのが魅力的ですね

バイク修理後の運送費用

バイク修理後、近くなら取りに行けますが、遠方の場合は少々難しいですよね〜
そういった場合、運送してくれる保証はどのくらい充実しているのか?

三井ダイレクト保証なし
三井住友海上①修理後搬送費用

  • 修理後にご自宅までお車を搬送する費用

②修理後引取費用

  • 修理後にご自身でお車を引き取るための交通費

①②を合算して15万円を限度に補償

②のみ自己負担額1,000円あり
アクサダイレクトバイクは保証対象外

バイク修理後の引取交通費や運送費用で保証があるのは三井住友海上のみでした(泣)
アクサは車の保険では限度額5万円まで保証されるそうですが、バイクは保証対象外だそうです。

他の保険会社の内容と比較した結果

やはり総合的に見るとチューリッヒが飛び抜けている感じがします。

保険会社レッカー距離宿泊・交通費引取・交通費
チューリッヒ100kmまで無料全額保証全額保証
三井ダイレクト50kmまで無料保証なし保証なし
三井住友海上30万円まで無料
約416km相当
帰宅費用:お1人につき20,000円まで補償①修理後搬送費用

  • 修理後にご自宅までお車を搬送する費用

②修理後引取費用

  • 修理後にご自身でお車を引き取るための交通費

①②を合算して15万円を限度に補償

宿泊費用:お1人につき15,000円まで補償
アクサダイレクト50kmまで無料帰宅費用:全額保証保証なし
宿泊費用:1泊まで全額保証

三井住友海上も魅力的ではあります。
遠方に行った際はレッカー416kmあると安心です。
でもそこまで遠いとなると、帰るときに帰宅費用2万円で足りるのか?ってなります。

修理後の費用はレッカーで自宅、または自宅近くの修理工場まで運んで貰えれば15万円あれば全然足りると思います。
そうなるとやっぱり総合的にチューリッヒの方がいい感じがしますよね(*^^*)

保険料に関しては三井ダイレクト、アクサダイレクトは保険料一括見積もりで見積もりました。

  • 三井ダイレクト:年払28,110円
  • アクサダイレクト:年払18,070円

アクサは安いですね!
ですがアクサは携行品特約や弁護士費用等特約は付けていないので、それらを付けると保険料は上がります。

やっぱりチューリッヒかな(*^^*)

ハーレー、旧車乗りに最適なバイク任意保険まとめ

いかがでしたか?
チューリッヒに決めなくても、任意保険に入る際の基準、優先順位は見つけられましたか
見つけられたのであれば私は嬉しいです\(^o^)/

日本人は保険に対して深く考えすぎです。
そりゃ手厚く補償して欲しいのはみんな同じですが、あくまで保険なのでいつ起こるかも分からない事故、起こらないかもしらない事故にお金を掛けすぎてもバカらしいです。

なので私は事故を起こす確率より、ツーリング中に故障する確率の方が高いと思い、ロードサービス重視で保険を選びました
現にハーレー乗りの友人はここ2年くらいで4回もレッカーサービスを利用していますw

国産なら故障するリスクも少ないためロードサービスはそこまで気にする必要はないでしょう。
速いバイクに乗っていればついスピードを出してしまうもの。
そういう場合は事故率も高まるので人身の補償を手厚くするなど、自分のバイクスタイルにあった保険を選ぶことが重要なんです。

私はチューリッヒに加入しました。
レッカー100kmは若干不安ですが、もし北海道ツーリングなどのロングツーリングに行く際はロードサービス専門のZuttoRide Clubなどに加入したいと思っています。
※年間1万円払えばレッカー距離無制限ですからね(^^)

保険料重視で探しているなら、とりあえず一括見積で最安値を探してみましょう
大体の保険料が分かります!
私が実際に見積もってみた感想は、「え?こんなに安いの?」と思いましたw
でも保証内容は確認して下さい。
自分にあった保証内容に変更してみて下さいね(^o^)v

バイク保険

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA